金銭授受疑惑の甘利明氏が自民幹事長就任 元検事・郷原弁護士は「このままだと示しがつない」

  1. おすすめニュース
Published by
日刊ゲンダイDIGITAL

野党は手ぐすねを引いて待っているようだ。 立憲民主、共産、国民民主の3党国対委員長は1日、自民党幹事…

もっと読む

関連記事

公費使用、こんなに差

2017年10月の山形県鶴岡市議選で、公費負担となる選挙ポスター製作費に候補者間で2.3倍以上の開きがあった。酒田市議選でも1.4倍以上の差。規定内だが高過ぎとの指摘もあ…