「ウーバー」的な働き方が激増したら、労働法はどうなる? プラットフォーム労働の破壊的インパクト

  1. おすすめニュース
Published by
弁護士ドットコムニュース

コロナ禍になって、街でウーバーイーツの配達員を以前より多く見かけるようになった。 「直接の指揮命令を受けていない」とされるクラウドワーカーは、労働法で保護の対象となる「労働者」なのか。今後このような働き方が広まった場合、社会にどんなインパクトがあるのか。プラットフォーム労働を研究している法政大学の沼田雅之教授(労働法)に聞いた。

もっと読む

関連記事