ネットサービス、死後も課金され続けるリスク 専門家が警鐘鳴らす

  1. おすすめニュース
Published by
山陰中央新報

死後、音楽の有料配信サービスの契約やスマートフォン決済サービスの残高などが家族に知られないまま放置される事例が山陰両県でも出始めた。「デジタル遺品」と呼ばれ近年、注目されるようになった。サービスの料金が口座から引き落とされ続けるケースもあり、専門家は「スマホ画面のロックを解除できるようパスワードを残すなど備えが必要」と警鐘を鳴らす。

もっと読む

関連記事