「ひとりじゃないよ」虹のトラックが岡山発で全国へ。在仏書道家Maaya Wakasugiさんに聞く、アートとLGBTQ

  1. おすすめニュース
Published by
ハフポスト日本版

中国地方初のプライドパレード『ももたろう岡山 虹の祭典2021(愛称:ももにじ)』が11月28日(日)に開催される。パレードの開催を記念してメッセージを届けるラッピングトラック「虹トラ岡山」が全国を走るプロジェクトがスタートした。中国地方初のプライドパレード『ももたろう岡山 虹の祭典2021(愛称:ももにじ)』が11月28日(日)に開催される。パレードの開催を記念してメッセージを届けるラッピングトラック「虹トラ岡山」が全国を走るプロジェクトがスタートした。

トラックの側面には「ひとりじゃないよ」「WE ARE ALL WITH YOU」のメッセージとともに躍動感のある8色の虹が描かれている。このラッピングトラックは岡山市の運送会社・岡田商運が提供したもの。今後5年間、運送業務を通じて全国を駆け巡る。

このトラックのアートワークを担当したのが、岡山出身でオープンリー・ゲイの書道家、Maaya Wakasugi(マーヤ・ワカスギ)さんだ。このプロジェクトへの思いや、フランスで同性パートナーと暮らす一人として日本のLGBTQをめぐる環境について聞いた。

もっと読む

関連記事