事件から29年…今も続く日米二つの家族の交流 「アメリカから銃をなくしたい」と留学生のために基金設立

  1. おすすめニュース
Published by
中京テレビ

29年前、名古屋の高校生がホームステイ先のアメリカで、ハロウィーンパーティーで訪問する家を間違え、住人に銃で撃たれ亡くなる事件がありました。「アメリカから銃をなくしたい」とホームステイ先の家族が基金を創設。残された高校生の家族とともに、アメリカでの銃規制を訴えます。

もっと読む

関連記事