【追う!マイ・カナガワ】トラックに優しくない?川崎臨海部(下)物流を軽視しないで

  1. おすすめニュース
Published by
神奈川新聞社

◆待機場所が足りない

 川崎臨海部に大型トラックなどが集まるのは、国内でも有数の大型物流施設や工場などが集積するエリアだからだ。

 川崎市港湾局によると、同市川崎区の人工島・東扇島は、大型船が出入港する港湾施設を持つ特色を生かし、1998年開業の「かわさきファズ物流センター」、2014年開業の「マルハニチロ物流」などを誘致し、総合物流拠点地区として開発されてきた。同地区の冷凍・冷蔵倉庫の保管能力は約100万トンに達し、川崎区内の民営倉庫事業所数は129カ所に上る。

もっと読む

関連記事