薬物依存を経て考えた「男らしさ」の圧倒的な苦しさ 「私は私」と言えるまで 国際男性デー

  1. おすすめニュース
Published by
琉球新報

 

 19日は国際男性デー。男性の健康や生き方を考え、ジェンダー平等を促すことを目的に世界各地で関連イベントが開かれる。ジェンダーとは社会の中で求められる「男らしさ」「女らしさ」。ジェンダーの縛りは人の心身を傷つける。苦しみから生き抜いた「サバイバー」(生存者)に体験を聞いたほか、男性相談などを通して男性の生きづらさを考える。

 県外の田舎で末っ子長男として生まれたジョーロさん(34)=ニックネーム=は、自身も依存症の回復プログラムを受けながら、依存症の人たちの生活支援をする合同会社グラン・アモールでスタッフとして働く。「男か女か」「LGBTのどれに当てはまるのか」という世間の目に疑問を持ちながら生きてきた。

もっと読む

関連記事