供託金、高額な規定 捻出に政党苦慮 「違憲判決」外国で相次ぐ

  1. おすすめニュース
Published by
熊本日日新聞

公職選挙法の規定で、選挙に立候補する際には供託金を納める必要がある。売名目的や泡沫[ほうまつ]など、候補者の乱立を抑制する仕組みだが、日本の供託金は諸外国と比べても高いとされ、国政政党ですら捻出に苦慮している実態がある。

もっと読む

関連記事