Works

「横浜・桜木町バス事故から1年―過酷なハンドルの現場は改善に向かっているのか」の記事紹介

バス

その被告は「神経反射性失神」であり、運転中に意識を失っていたことも公判では明らかになっている。業務の過酷さが指摘される路線バス運転手。その健康管理を担うはずの会社側は、この疾病を把握し、配慮していたのだろうか。


この記事と画像は、メンバーの本間誠也が取材した「横浜・桜木町バス事故から1年――過酷なハンドルの現場は改善に向かっているのか」の冒頭部分です。「Yahoo!ニュース特集」で2019年11月18日に公開されました。全文をお読みなる場合は、リンクをクリックしてください。Yahoo!へのログインが必要な場合があります。

本間誠也
ジャーナリスト。新潟県生まれ。北海道新聞記者を経て、フリー記者に。

企業や団体の不正をただすため、解雇や左遷などの報復を受けることなく内部告発ができる法律を――。こうした思いを抱きつつ、公益通報者保護法改正に向けた審議を見守ってきた関係者はいま、一様に沈み込んでいる……

社内の不正をただしたい、働く環境を良くしたい、消費者の利益を守ろう——。そう考えた末に内部告発しても、解雇されたり降格させられたりといったケースが後を絶たない。なぜ、こんなことが繰り返されるのか。なぜ、公益通報者保護法は機能しないのか……

組織の不正を知って内部告発者になったら、左遷や解雇、パワハラといった不利益を被るのではないか――。そんな懸念があちこちで現実になっている。内部告発者を守るはずの公益通報者保護法に罰則規定がなく、「ザル法」になっているからだという。違反企業...

不正と思われる行為を知ったら、組織人のあなたはどうするだろうか。処分や不利益を覚悟の上で、それを表に出すことができるだろうか。迷いに迷った末で、内部告発者になる人たちがいる。それによって企業経営が揺らぎ、政治や社会が動くこともある。「東...

こちらからは、Frontline Pressのメンバーが書いた最新記事を一覧することができます。

情報提供をお待ちしています

Frontline Pressは、記事へのご意見やご感想、情報提供をお待ちしています。「取材源の秘匿」は厳守します。

Contact