Works

Works

「ろう者が直面する医療の情報格差」の記事紹介

冒頭の写真は耳も目も不自由な人が「触手話」によって、医療情報を学んでいる講習会の場面である。聴覚障がい者が病院にかかると、どんなことが起きるだろうか。取材をすすめると、がん告知のとき、手話通訳者が泣き出してしまい、当事者 […]

Works

「「歩きスマホ」法令で規制すべきか」の記事紹介

歩きスマホを禁止する条例をつくってほしい――。そんな要望が、住民から全国各地の自治体に途切れることなく届いている。罰則を伴う規制はどこも実現させていないものの、単なる「迷惑」を超え、歩きスマホ中の人とぶつかり、けがをする […]

Works

「「睡眠4時間でハンドル」も」の記事紹介

昨年10月末のことだ。横浜市内の交差点で路線バスが乗用車に追突し、16歳だった乗客の男子高校生が死亡する事故が起きた。「起こるべくして起きた事故だ」とバスの運転手仲間は話した。人手不足による過酷な勤務ダイヤ、過労死ライン […]

Works

「少年法の適用「18歳未満」の是非は」の記事紹介

少年法の適用年齢を現行の「20歳未満」ではなく「18歳未満」に引き下げたらどうか————。その議論を法務省の法制審議会が続けている。2022年施行の改正民法によって「18歳、19歳も成年」になることなどに伴う議論だ。引き […]

Works

外国人の子どもたち「不就学」の実態の記事紹介

大阪府立「門真なみはや高校」には、外国にルーツを持つ生徒がおよそ70人いる。全校生徒の約1割だ。イタリア、イラン、ペルー、アフガニスタン、ロシア、フィリピン、ネパール、中国など国籍は多岐にわたり、校舎ではそれぞれの国の言 […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <データで見る「選挙余剰金」全議員の調査結果 余剰金の額や扱い、議員側の回答を一挙公開>を公開しました

データで見る「選挙余剰金」全議員の調査結果

選挙で余ったお金の使途が確認できない――。各候補の選挙運動費用の収支を分析すると、お金を余らせてその使い道を公開資料で確認できない現職議員が、衆参両院で260人を超えることがわかりました。調査対象とした議員460人の6割 […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <公職選挙法の改正で「余剰金」の抜け穴を防げ 岩井奉信・日本大学法学部教授インタビュー>を公開しました

衆参両院の現職国会議員のうち、選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない議員は267人——。この数字は、取材記者グループ「Frontline Press(フロントラインプレス)」と日本大学・岩井奉信(政治学)研究室の […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <議員秘書が語る「選挙余剰金」のすさまじい実態>を公開しました

議員秘書が語る「選挙余剰金」のすさまじい実態 現役3人が匿名回答「報告書はまったく違う」

「法律で特段の報告の義務もない」――。選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない衆参両院の現職国会議員267人のうち、多くの議員がこのフレーズを使って回答しました。そこに与野党の違いはありません。では、余剰金は一体、 […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <報告書上の収支ゼロは公費負担分が丸々余る>を公開しました

議員8人「選挙余剰金」消えた公費負担分の理屈 報告書上の収支ゼロは公費負担分が丸々余る

選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない――。「選挙運動費用の余剰金」問題の背景には、さまざまな要因があります。最も大きいのは、公職選挙法に余剰金の使い道などについて規定がなく、報告義務も課せられていないこと。その […]