ブログ

コロナが浮き彫りにした、生活保護の現実 #TOKYO SLOW NEWS

2020/09/09/放送 Slow News Report

出演:藤田和恵

新型コロナウイルスの感染拡大により、日本経済は大打撃を受けた。生活保護の申請数は前年度同月比で、25%の増加。ケースワーカーは常に人不足なため、業務量の増大は止まらない。その結果、生活困窮者が生活保護を受けようとすると、行政側が「申請者を低額宿泊所から追い出す」動きも顕著になってきたという。加えて、貧困ビジネスの温床ともなりかねない現状も解決できていない。新型コロナによって浮き彫りになった生活保護の実態について、フロントラインプレスの藤田和恵さんがリポートしました。

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report 今日はフロントラインプレスの藤田和恵さんとお送りします。藤田さんは労働や福祉に関する問題を長年取材されていますが、……

音声は↓

新型コロナの影響で職を失う、収入がなくなる方は増えているセーフティネットとしての生活保護に救いを求める人も増えている・・・というのは想像できるが、実際どのくらいの人数になってい……

関連記事

  1. 不発弾の処理をめぐる問題 #TOKYO SLOW NEWS 
  2. 「生まれなかった命と、その悲しみのケア」 #TOKYO SLOW…
  3. 沖縄の象徴 首里城の今 #TOKYO SLOW NEWS
  4. 朝鮮戦争に日本人が参加。埋もれていたその記録 #TOKYO SL…
  5. 福島の避難者の今 #TOKYO SLOW NEWS
  6. 孤独に埋もれる母親たち「育児困難社会 母親たちの現実」とは #T…
  7. 「コロナデータのホントの意味を見抜く」には? #TOKYO SL…
  8. 森友学園問題とその後 Part1 #TOKYO SLOW NEW…
PAGE TOP