ブログ

もっと!選挙を楽しむ方法 #TOKYO SLOW NEWS

2020年12月2日(水)放送 SLOW NEWS REPORT

出演:畠山理仁

選挙は地域の特性や歴史が出るという。大阪都構想では他県と違い、選挙と住民の距離が小さかったという。缶チューハイをもったおじさんがまるで野球観戦のようにヤジを飛ばしたり、立候補側もマイクを渡して質問を受け付けたりするという。“プロの選挙ウォッチャー”ことフリーランスライターの畠山理仁さんは、「選挙と味わい尽くすための3つのキーワード」があるという。①対立候補の悪口を聞け!②為書き(ためがき)/のぼり旗をチェックすべし③となりのおじさんに聞いてみよう、の3点だ。「皿までなめる選挙の楽しみ方」を畠山さんが笑いとともにリポートします。

・音声は↓

全国各地の人気ラジオ番組が参加♪聴く!読む!参加する! 豪華トーク満載のAuDee(オーディー)登場!

関連記事

  1. 「公文書」ってどうなるの? #TOKYO SLOW NEWS
  2. みんな知らないルワンダの今 #TOKYO SLOW NEWS
  3. 未来の総理大臣!? 大阪府・吉村洋文知事は本当にコロナ禍のヒーロ…
  4. 過去最多となった“認知症の行方不明者” ICTと地域の結束で、救…
  5. 水中考古学 #TOKYO SLOW NEWS
  6. 米中関係の板挟みで苦しむ日本企業 #TOKYO SLOW NEW…
  7. 日本人は“匿名”が好き? #TOKYO SLOW NEWS
  8. あの『Number』が、藤井聡太を表紙にした理由 #TOKYO …
PAGE TOP