ブログ

ジャーナリストと検察のディスタンス #TOKYO SLOW NEWS

2020/8/17/放送 Slow News Report

出演:板橋洋佳

産経新聞記者と朝日新聞社員の3人が黒川弘務・元東京高検検事長と賭けマージャンを繰り返していたことが非明るみに出たのは、この5月だった。それをきっかけに「記者と取材対象の距離はどうあるべきかの議論があちこちで起きている。朝日新聞記者で法務省担当の板橋洋佳さんは「相手との関係性を深めた結果、聞いた話をしっかり記事として書いたのかどうか。この点が一番問われている」と話す。相手とのディスタンスをどう取るか。古くて新しいこの問題を皮切りに、そもそも取材とは何かの話まで。板橋さんが存分に語った内容とは。

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report 今日は日本を揺るがしたあのスクープで知られる記者の方にお話を伺います。朝日新聞の板橋洋佳さんです。今日のテーマ……

音声は↓

不正を暴くことが「目的」である両職業二つの職業の間にある、絶妙な距離感とは…朝日新聞の板橋洋佳さんにお聴きしました。

関連記事

  1. 「あなたの特命取材班」の舞台裏(前編)#TOKYO SLOW N…
  2. 選挙の楽しみ方 #TOKYO SLOW NEWS
  3. パナマ文書の舞台裏 #TOKYO SLOW NEWS
  4. 戦争を語り継ぐ #TOKYO SLOW NEWS
  5. 冤罪は、こうやって仕立て上げられる #TOKYO SLOW NE…
  6. 福島の避難者の今 #TOKYO SLOW NEWS
  7. 「プラットフォーマーとフリーランス」のあいだに起きる問題 #TO…
  8. 「公文書」ってどうなるの? #TOKYO SLOW NEWS
PAGE TOP