ブログ

水中考古学 #TOKYO SLOW NEWS

2020年7月20日放送 Slow News Report

出演:伊澤理江

<海底には、お宝も古代都市も船も沈んでいる。これらをめぐる学問が「水中考古学」だ。日本近海では、684年に起きた白鳳地震の痕跡ではないかとされる伝承もある。琵琶湖でも地震で家屋が沈んでいる。一方、幕末に活躍した船を探し当てた人もいる。まさにロマン溢れる冒険譚だ。それが、井上たかひこ氏。40歳を過ぎて安定した会社員の職を捨て、ロマンと冒険の世界にのめり込んだ人生。その日々も盛り込みつつ、大地の驚異と文化の痕跡が残る世界を紹介する。出演は。フロントラインプレスのメンバー、伊澤理江さん。>

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report今日はフロントラインプレスの記者 伊澤理江さんです。よろしくお願いします。今日リポートして頂けるのが「水中考古学」と……

音声は↓

水中にある今までの歴史の価値を変えるようなものが海底にあるかもしれない。沈没船・古代の街・戦争の名残など様々なものが海底にあります。水中考古学への熱意や希望が詰まった話をフロン……

関連記事

  1. 東京五輪延期の余波と課題(前編) #TOKYO SLOW NEW…
  2. 警察が使用する改ざん可能なSDカード #TOKYO SLOW N…
  3. 米中関係の板挟みで苦しむ日本企業 #TOKYO SLOW NEW…
  4. 湯島の雑居ビルから始まったゲーム会社、シリコンバレーへ #TOK…
  5. 東京五輪延期の余波と課題(後編) #TOKYO SLOW NEW…
  6. 養豚農家を苦しめる「豚熱」とは #TOKYO SLOW NEWS…
  7. 東海村JCO臨界事故から21年。東海第二原発の今 #TOKYO …
  8. 朝鮮戦争に日本人が参加。埋もれていたその記録 #TOKYO SL…
PAGE TOP