ブログ

「終わらないロックダウン」 #TOKYO SLOW NEWS

2020年12月28日(月)放送 SLOW NEWS REPORT

出演:久保田徹

自由に移動できないつらさを、コロナ禍で多くの日本人が味わっている。ところが、コロナとは全く別の意味の”制限”に悩まされている人がいる。クルド人のアリさん。徴兵から逃れるため、1993年にトルコから日本へやってきた。ただ、問題が一つあった。18年間、難民申請をしているものの、受理されず、仮放免という状況にあるのだ。千葉県と埼玉県を跨ぐ橋の上でアリさんはこう話す。「これ以上先に行ったら違反になる。理解できないけどね。最後までこの橋を行ってはいけない」。取材で見えてきた日本の大いなる歪みとは何か。ドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんが解説します。

音声は↓

私達がこの一年経験した、外出自粛や都道府県を越えた移動の制限とは別の意味があるという。クルド人の方の取材の音声と共に、ドキュメンタリー映像作家の久保田徹さんにお伺いしました。……

関連記事

  1. 熊本の水害と治水計画 #TOKYO SLOW NEWS
  2. 地方紙・ローカル紙のチカラ #TOKYO SLOW NEWS
  3. 北朝鮮ロイヤルファミリーとコロナウイルス #TOKYO SLOW…
  4. 「コロナデータのホントの意味を見抜く」には? #TOKYO SL…
  5. 90年代から近年の阪神タイガース、広島カープで起きた球団改革の舞…
  6. 「あなたの特命取材班」の舞台裏(前編)#TOKYO SLOW N…
  7. 不発弾の処理をめぐる問題 #TOKYO SLOW NEWS 
  8. 北朝鮮の人々の目に韓国はどう映っているのか #TOKYO SLO…
PAGE TOP