ブログ

主役なきゴーン法廷 #TOKYO SLOW NEWS

2020年10月26日(月)放送 SLOW NEWS REPORT

出演:根津弥

日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告が逮捕されてから、まもなく2年が経つ。日本ではゴーン被告が不在のまま、裁判が進んでいる。一方、「金融商品取引法違反」と「有価証券報告書の虚偽記載」の疑いで、日産自動車の代表取締役を務めていたグレッグ・ケリー氏の裁判も続いている。また、一連の事件では、日産自動車の元秘書室長と専務執行役員の2人が司法取引の対象となっている。世間を騒がしたゴーン被告の裁判はいま、どのように進んでいるのか。主犯のゴーン被告がいなくても裁判は成り立つのか。朝日新聞社の社会部司法担当記者・根津弥さんが解説します。

 今すぐ聴く 速水:今日は“主役なき裁判”と言われます、先月始まったばかりの日産元会長カルロス・ゴーン被告の報酬をめぐる事件の裁判についてです。朝日新聞社会部司法担当記……


・音声は↓

「主役なき裁判」と言われる、先月はじまったばかりの日産元会長、カルロス・ゴーン被告の報酬を巡る事件の裁判について。そもそも、この事件はどんな事件?「主役なき裁判」だ……

関連記事

  1. 選挙の楽しみ方 #TOKYO SLOW NEWS
  2. ネットに芽吹いた新たなメディアの可能性を考える #TOKYO S…
  3. コロナ禍のアメリカで、ジャーナリストができること #TOKYO …
  4. ネット・ゲーム依存症対策条例 #TOKYO SLOW NEWS
  5. 地方紙・ローカル紙のチカラ #TOKYO SLOW NEWS
  6. 養豚農家を苦しめる「豚熱」とは #TOKYO SLOW NEWS…
  7. 新宿歌舞伎町 伝説の支配人 #TOKYO SLOW NEWS
  8. 北朝鮮ロイヤルファミリーとコロナウイルス #TOKYO SLOW…
PAGE TOP