メンバーの大矢英代が第7回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」奨励賞を受賞しました

フロントラインプレスのメンバーである大矢英代が第7回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を受賞しました。

第7回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」 決定

<ジャーナリスト/ドキュメンタリー映画監督の大矢英代氏(33)による、沖縄戦において強制疎開させられ、マラリアで命を落とした八重山諸島の人々の歴史を掘り起こした著書、「沖縄 『戦争マラリア』 - 強制疎開死3600人の真相に迫る」>

1987年、千葉県出身。明治学院大学文学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズム修士課程修了。現在、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員ならびに早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員。ドキュメンタリー映画 『沖縄スパイ戦史』(2018年・三上智恵との共同監督)で文化庁映画賞優秀賞、第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門1位など多数受賞。ドキュメンタリー番組『テロリストは僕だった~沖縄・基地建設反対に立ち上がった元米兵たち~』(琉球朝日放送・2016年)で2017年プログレス賞最優秀賞など。著書...

PAGE TOP