ブログ

戦場を経てジャーナリストが考えたこと #TOKYO SLOW NEWS

2020年11月4日(水)放送 SLOW NEWS REPORT放送

出演:大治朋子

「必要な戦争」は存在するのか? 米国ではオバマ政権時代、バラク・オバマ大統領が自ら「イラク戦争は不要だ。でもアフガニスタン戦争は必要」と語ったことがある。本当に「必要な」戦争があるのだろうか? では、その実相は? 多くの戦地取材を経験した毎日新聞記者の大治朋子さんが、取材時に見た光景を語り尽くします。軍用車両に乗っていたときに尻元で爆弾が爆発した話や若者が戦争に参加する背景。目的はお金? 家族や民族のため? 自爆テロを経験した当事者の話なども飛び出す深堀リポートです。

・音声は↓

全国各地の人気ラジオ番組が参加♪聴く!読む!参加する! 豪華トーク満載のAuDee(オーディー)登場!

関連記事

  1. 「汚染水」をめぐる不都合な真実 #TOKYO SLOW NEWS…
  2. 森友学園問題とその後 Part1 #TOKYO SLOW NEW…
  3. 北朝鮮ロイヤルファミリーとコロナウイルス #TOKYO SLOW…
  4. 香港デモとはなんだったのか #TOKYO SLOW NEWS
  5. 教師による性犯罪 #TOKYO SLOW NEWS
  6. 東京の一等地になぜ米軍基地があるのか? #TOKYO SLOW …
  7. 内部告発者のその後 #TOKYO SLOW NEWS
  8. 「コロナデータのホントの意味を見抜く」には? #TOKYO SL…
PAGE TOP