ブログ

「少年法の適用年齢引き下げ」について #TOKYO SLOW NEWS

2020年10月12日(月)放送 SLOW NEWS REPORT

出演:大久保真紀

選挙権が18歳以上になって久しい。そして今度は2022年4月から、「成人年齢」が18歳以上になる。それに伴い、20歳以下が対象の少年法の在り方が大きな問題となり、議論されている。現在は少年法の枠内にある「18歳以上・20歳未満」を通常の犯罪処罰の対象にするのか、それで本当に犯罪が減るのか、更生に役立つのか……。議論は絶えない。この問題を取材し続けている朝日新聞編集委員・大久保真紀さんと共に考えた。

 今すぐ聴く 速水:再来年4月、成人年齢が18歳に引き下げられます。18歳は大人ということで、それに合わせて18歳、19歳の若者が罪を犯したらどうするか、そのルールも変……

音声は↓

再来年4月、成人年齢が18歳に引き下げられる。18歳は大人に。で、それに合わせ、18歳と19歳の若者が罪を犯したらどうするか。そのルールが変わろうとしている。「18歳も……

関連記事

  1. 冤罪は、こうやって仕立て上げられる #TOKYO SLOW NE…
  2. ミャンマーのビンラディン」と呼ばれる仏教指導者 ウィラトゥ師 #…
  3. 福島の避難者の今 #TOKYO SLOW NEWS
  4. 災害時の避難所はなぜ変わらないのか #TOKYO SLOW NE…
  5. 花粉と林業 #TOKYO SLOW NEWS
  6. ナイジェリアのスラムに誕生したサッカーチームの奮闘 #TOKYO…
  7. ジャーナリストと検察のディスタンス #TOKYO SLOW NE…
  8. メディアの在り方、そして ラジオの今後 #TOKYO SLOW …
PAGE TOP