ブログ

コロナ禍のアメリカで、ジャーナリストができること #TOKYO SLOW NEWS

2020年10月27日(火)放送 SLOW NEWS REPORT

出演:大矢英代

アメリカで新型コロナウイルスの感染が拡大している。10月31日の時点で感染者は約904万人、死者は約22万人。世界で一番多い。そんな中、世界では「オンラインでの調査取材」が主流になりつつあるという。例えば、アメリカではボディカメラを使った警察官による監視が始まっているが、これに対抗するかのように、ネットのツールを使って警察を監視する団体や報道も増えてきた。オンライン調査報道とは何か。監視社会に市民と報道はどう向き合うべきなのか。フロントラインプレスのメンバーで在米ジャーナリストの大矢英代さんがリポートしました。

 今すぐ聴く 速水:今日のテーマは「コロナ禍のアメリカで、ジャーナリストができること」です。アメリカのカリフォルニアで活動を続けているドキュメンタリー映画作家 ジャーナ……


・音声は↓

アメリカ・カリフォルニアで活動を続けているドキュメンタリー映画監督・ジャーナリスト、フロントラインプレスの大矢英代さんに「コロナ禍のアメリカで、ジャーナリストができるこ……

関連記事

  1. 水中考古学 #TOKYO SLOW NEWS
  2. 熊本の水害と治水計画 #TOKYO SLOW NEWS
  3. 福島第一原発の事故をめぐる集団訴訟 #TOKYO SLOW NE…
  4. 戦争を語り継ぐ~南洋戦 #TOKYO SLOW NEWS
  5. 歌舞伎町案内人・中国人の李小牧さん。新宿区議会選に出続ける意味と…
  6. 90年代から近年の阪神タイガース、広島カープで起きた球団改革の舞…
  7. 冤罪はどう作られるのか? #TOKYO SLOW NEWS
  8. 巨額の買収事件取材の舞台裏 #TOKYO SLOW NEWS
PAGE TOP