イベント

<追記あり。延期とさせていただきました>【フロントラインプレス主催】連続講座「取材ノウハウとメディアの将来」③「桜を見る会」の調査報道で注目度上昇。毎日新聞の「デジタルニュース戦略」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年2月18日追記。新型コロナウィルスの蔓延等に鑑み中止、延期とさせていただきました。すでにお申し込みの方には返金などの連絡が届いていると思います。連続講座はあらためて設定します。直前のご連絡になったこと、お詫びします。お申し込みいただいた方は申し訳ありません。ご理解いただきたいと存じます。どうぞ、よろしくお願いします。https://frontlinepress.jp/owabiosirase/

【取材ノウハウとメディアの将来 】
第3回:2020年3月6日(金)午後7時から
テーマ:毎日新聞の「デジタルニュース戦略」とは?
語る人:齊藤信宏さん(毎日新聞・統合デジタル取材センター長)

Peatix→ https://bit.ly/2GbAmDV

毎日新聞の電子版「デジタル毎日」が注目を集めています。
独自の調査報道記事、読ませるルポ、深い解説……
とくに「桜を見る会」に関する調査報道は粘り強く、深く、
たくさんの市民やメディア関係者の関心を呼んでいます。

その中心にいるのが「統合デジタル取材センター」の人たち。
どんな発想で「デジタルとニュース」「調査報道とネット」に取り組んでいるのでしょうか。
このセンターを取り仕切る齋藤信宏さんが、
「報道のこれまでとこれから」「デジタル戦略と見通し」を語り尽くします。

調査報道のこれから。
デジタルとニュース。
新しいネットメディアの姿。

これらを刺激的に知るイベントです。
ぜひお運びください。

【開催概要】
日時)2020年3月6日(金)午後7時〜8時半(開場午後6時半)
場所)スマートニュース株式会社・本社2F 東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル内
主催)取材記者グループ「フロントラインプレス」参加)
定員70人 予約制・先着順 参加費2000円(キャンセルの場合は返金できません)

【齋藤信宏(さいとう・のぶひろ)さんプロフィール】
1991年毎日新聞社入社。長野支局を振り出しに、社会部、経済部、外信部を経て、2007年秋から4年間、米ワシントンDC北米総局特派員。12年から経済部デスク、経済部長を経て2019年5月から現職。2007年度ハワイ大学大学院ジェファーソン・フェロー。17年、連載企画「チャイナ・センセーション」で第21回新聞労連ジャーナリズム大賞受賞。

2020年1月 フロントラインプレス

情報提供をお待ちしています

Frontline Pressは、記事へのご意見やご感想、情報提供をお待ちしています。「取材源の秘匿」は厳守します。

Contact