スマートニュース

イベント

連続講座「取材ノウハウとメディアの将来」①2月5日(水)「原発事故〜残された取材課題とアプローチの方法」、②2月21日(金)「新しいニュースメディアのつくり方」を開催します

第1回:2020年2月5日(水)午後7時テーマ:「原発事故〜残された取材課題とアプローチの方法」語る人:木野龍逸さん(フロントラインプレス) 東京電力福島第一原発事故。その発生から「10年目」が近づいてきました。しかしな […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <データで見る「選挙余剰金」全議員の調査結果 余剰金の額や扱い、議員側の回答を一挙公開>を公開しました

データで見る「選挙余剰金」全議員の調査結果

選挙で余ったお金の使途が確認できない――。各候補の選挙運動費用の収支を分析すると、お金を余らせてその使い道を公開資料で確認できない現職議員が、衆参両院で260人を超えることがわかりました。調査対象とした議員460人の6割 […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <公職選挙法の改正で「余剰金」の抜け穴を防げ 岩井奉信・日本大学法学部教授インタビュー>を公開しました

衆参両院の現職国会議員のうち、選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない議員は267人——。この数字は、取材記者グループ「Frontline Press(フロントラインプレス)」と日本大学・岩井奉信(政治学)研究室の […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <議員秘書が語る「選挙余剰金」のすさまじい実態>を公開しました

議員秘書が語る「選挙余剰金」のすさまじい実態 現役3人が匿名回答「報告書はまったく違う」

「法律で特段の報告の義務もない」――。選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない衆参両院の現職国会議員267人のうち、多くの議員がこのフレーズを使って回答しました。そこに与野党の違いはありません。では、余剰金は一体、 […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <報告書上の収支ゼロは公費負担分が丸々余る>を公開しました

議員8人「選挙余剰金」消えた公費負担分の理屈 報告書上の収支ゼロは公費負担分が丸々余る

選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない――。「選挙運動費用の余剰金」問題の背景には、さまざまな要因があります。最も大きいのは、公職選挙法に余剰金の使い道などについて規定がなく、報告義務も課せられていないこと。その […]

Works

「選挙運動費用の余剰金」問題 <「選挙余剰金」国会議員460人調査に映る意識差>を公開しました

選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない――。衆参両院の現職国会議員による「選挙運動費用の余剰金」問題。その前提には、余剰金の使途や処理方法について、公職選挙法に何の規定もないという問題が横たわっています。 ただ、 […]