運転手

Works

「横浜・桜木町バス事故から1年―過酷なハンドルの現場は改善に向かっているのか」の記事紹介

バス

その被告は「神経反射性失神」であり、運転中に意識を失っていたことも公判では明らかになっている。業務の過酷さが指摘される路線バス運転手。その健康管理を担うはずの会社側は、この疾病を把握し、配慮していたのだろうか。 この記事 […]