岸田 浩和

ドキュメンタリー監督、映像記者。立命館大学在学中にヤンゴン外国語大学へ留学し、映像制作に触れる。光学機器メーカー、フリーランスライターを経て、2012年発表の短編ドキュメンタリー「缶闘記」で監督デビュー。同作で5カ国8カ所の映画祭に入選する。近作の「Sakurada Zen Chef」は、ニューヨーク市フード映画祭2016で最優秀短編賞と観客賞を受賞した。
2015年に株式会社ドキュメンタリー4を設立し、ニュースメディア向けの映像取材の企画制作、ドキュメンタリー手法を使った法人の情報発信に携わる。
VICE Japan、Yahoo!ニュースほか複数のWebメディアで、動画取材の企画立案と取材・撮影から編集の一貫制作を手がける。2016年より、関西学院大学、東京都市大学、大阪国際メディア図書館などで、メディアやドキュメンタリー制作に関する講師を務めている。

「幸せの国」として知られるヒマラヤの小国ブータンから、日本へ留学する若者が急増している。彼らは日本語を学びながら、食品工場や物流倉庫、新聞配達など一般市民の目の届きにくい職場で就労し、人手不足に苦しむ日本社会を支えている。なぜ日本に来て...

ミャンマー経済の安定化から、ミャンマーを平和にしようとするひとりの日本人を追ったシリーズ。あれから1年。順調に進んでいた八角栽培事業だが、予想だにしなかった事態が訪れる。林健太郎は、この試練を乗り越えられるのか。ミャンマーの平和は、夢物...

ナイジェリアの貧困地域に、在日ナイジェリア人と日本人が運営するサッカークラブが誕生した。埋もれた才能を発掘し、世界を目指す選手を育てるのが狙いだ。数々のトラブルに見舞われつつも奮闘する彼らを追いかける

中国湖南省出身の李小牧(り・こまき)さん(54)が、日本に帰化してわずか2か月で新宿区議会議員選挙(4月19日告示、26日投開票)に出馬した。緊張の高まる日中関係を背景に、日中両国の人たちから非難や応援の声...

Frontline Pressメンバーの最新記事はこちらから一覧できます。