当銘 寿夫

1982年生まれ、沖縄県出身。ジャーナリスト。沖縄県の地元紙、琉球新報で在沖米軍基地問題や沖縄戦、沖縄県出身者と東京電力福島第一原発事故の関わりなどを取材・報道した。「A級戦犯ラジオ番組で語る」「連載『原発事故とウチナーンチュ・本紙記者リポート』」の報道で、第8回疋田桂一郎賞を受賞。

共著に『沖縄フェイク(偽)の見破り方』(高文研)、『未来に伝える沖縄戦』(琉球新報社)

「子どもが眠った後、ダイニングで一人泣いて」——。離婚後、母子家庭になった40代女性。彼女をひとまず落ち着かせたのは、自治体による家賃補助だった。 ひとり親に「まずは住む場所を」という動きが各地で広がっている……

Frontline Pressメンバーの最新記事はこちらから一覧できます。