ブログ

不発弾の処理をめぐる問題 #TOKYO SLOW NEWS 

2020年7月6日放送 Slow News Report

出演:当銘寿夫

<日本では、年間1400件の不発弾が処理されている。ビルや道路の工事の現場や民家の庭先……。思わぬ場所とタイミングで不発弾は見つかる。しかも、多くのケースで不発弾処理の費用は、土地所有者が負担を強いられるという。え、なんで!? その実情を取材したフロントラインプレスのメンバー・当銘寿夫さんが話します。>
 今すぐ聴く いまも日本で年間1400件の不発弾処理が行われている。速水:新型コロナウイルス以降、僕らは突然日常が日常じゃなくなることを経験していますが、実はウ……
音声は↓

「不発弾の処理をめぐる問題」について、フロントラインプレスのジャーナリスト、当銘寿夫(とうめ・ひさお)さんにお伝えていただきました。「日本国内で、年間で、140……

関連記事

  1. コスタリカの法律を変えた車椅子の女性と日本人 #TOKYO SL…
  2. 内部告発者のその後 #TOKYO SLOW NEWS
  3. 「東京・山谷に寄り添い続けるカナダ人」 #TOKYO SLOW …
  4. 災害時の避難所はなぜ変わらないのか #TOKYO SLOW NE…
  5. 孤独に埋もれる母親たち「育児困難社会 母親たちの現実」とは #T…
  6. 「生まれなかった命と、その悲しみのケア」 #TOKYO SLOW…
  7. 冤罪はどう作られるのか? #TOKYO SLOW NEWS
  8. 「プラットフォーマーとフリーランス」のあいだに起きる問題 #TO…
PAGE TOP