ブログ

沖縄の象徴 首里城の今 #TOKYO SLOW NEWS

2020年7月29日放送 Slow News Report

出演:当銘寿夫

<2019年10月に正殿などが全焼した沖縄の象徴「首里城」。その修復が進み始めており、2026年までに正殿が完成する予定だ。6年もの時間を要するのは、「沖縄の伝統文化を継承した職人が一つ一つ、丁寧に再現していく」からだ。現在の首里城の様子や職人たちのこだわり、文化を継承する意味などを、フロントラインプレスの当銘寿夫さんがリポートしました。>

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report今日は「沖縄の象徴 首里城の今」ということで、現地沖縄から伝えてもらいます。沖縄在住フロントラインプレスのジャーナリ……

音声は↓

GOTOトラベル真っ最中で、有料区域の一般公開も再開している首里城。去年の10月末の火災から8ヶ月・・・今、どういう状況なのか。そして実際に作業が始まってからも、とても、繊……

関連記事

  1. 熊本の水害と治水計画 #TOKYO SLOW NEWS
  2. 「日本人は“匿名”が好き?」Part2 #TOKYO SLOW …
  3. 北朝鮮の人々の目に韓国はどう映っているのか #TOKYO SLO…
  4. 非正規労働者の格差をめぐる判決 #TOKYO SLOW NEWS…
  5. 東海村JCO臨界事故から21年。東海第二原発の今 #TOKYO …
  6. 東京五輪延期の余波と課題(前編) #TOKYO SLOW NEW…
  7. 冤罪は、こうやって仕立て上げられる #TOKYO SLOW NE…
  8. 選挙の楽しみ方 #TOKYO SLOW NEWS
PAGE TOP