ブログ

戦争を語り継ぐ #TOKYO SLOW NEWS

2020/8/11放送 Slow News Report

出演:当銘寿夫

アジア・太平洋戦争が終わってから今年は75年。敗戦直前の沖縄戦では、県民の4人に1人が激しい地上戦の中で亡くなった。あの史実をどう伝えるか。悲劇を繰り返さないためにも、戦争体験の継承は大きな課題だ。戦争体験者の高齢化が進み、体験を直接語ることのできる人はますます少なくなっている。このため、例えば、「ひめゆり平和祈念資料館」は2005年から「説明員制度」を始めた。体験者からの説明を追体験した若い世代が、来館者に解説する仕組みだ。ところが、来館者から「説明はわかりやすいけど、体験者の話と比べると重みがありませんでした」と言われることも。戦争を語り継ぐ課題とは何か。沖縄在住のジャーナリストでフロントラインプレスメンバーの当銘寿夫さんによるリポートです。

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report まもなく8月15日は75回目の終戦の日です。日本の人口のうち戦後生まれの割合は8割を超えているということなんですよ……

音声は↓

日本の人口のうち、戦後生まれの割合は、8割を超えているという。戦争を体験した方から、直接話を聞くために残された時間はあと僅か。これから戦争の話をどう受け継いでいくのか。……

関連記事

  1. 「あなたの特命取材班」の舞台裏(前編)#TOKYO SLOW N…
  2. 東京五輪延期の余波と課題(後編) #TOKYO SLOW NEW…
  3. 「牛」「牛肉」をめぐるあまり知らない世界の話 #TOKYO SL…
  4. ネット・ゲーム依存症対策条例 #TOKYO SLOW NEWS
  5. 巨額の買収事件取材の舞台裏 #TOKYO SLOW NEWS
  6. 地方紙・ローカル紙のチカラ #TOKYO SLOW NEWS
  7. 北朝鮮ロイヤルファミリーとコロナウイルス #TOKYO SLOW…
  8. 廃炉はいつ終わるのか #TOKYO SLOW NEWS
PAGE TOP