ブログ

戦争を語り継ぐ~南洋戦 #TOKYO SLOW NEWS

2020/8/12/放送 Slow News Report

出演:当銘寿夫

過去に、サイパンやテニアンといった南洋諸島を植民地にした日本。そこに移り住んだ7割の人は、沖縄県出身者だったという。その後のアジア太平洋戦争で南洋諸島は米軍との戦地となった。体験者によると、顔の下半分が吹き飛んだ家族がいたり、友人が目の前で亡くなったりといった壮絶な日々だった。「花火や飛行機の音を聞くと、当時の様子が思い浮かぶ」と体験者は語る。戦争の惨禍をどう語り継いでいくか。2夜連続でフロントラインプレスのメンバー、当銘寿夫さんが語りました。

 今すぐ聴く 速水:Slow News Report 昨日に引き続きフロントラインプレスのジャーナリスト沖縄在住の当銘寿夫さんにお話を伺います。昨日に引き続き、戦争をい……

音声は↓

8月15日、75回目の終戦の日を前に戦争をめぐるリポートを2日連続でお伺いしました。今回のテーマとなるのが「南洋戦」サイパンやパラオで暮らしていた人たちの暮らし、取材した実……

関連記事

  1. 地方紙・ローカル紙のチカラ #TOKYO SLOW NEWS
  2. 「終わらないロックダウン」 #TOKYO SLOW NEWS
  3. 国内の障害者へのコロナウイルスの影響 #TOKYO SLOW N…
  4. 湯島の雑居ビルから始まったゲーム会社、シリコンバレーへ #TOK…
  5. 熊本の水害と治水計画 #TOKYO SLOW NEWS
  6. 福島の避難者の今 #TOKYO SLOW NEWS
  7. 「東京・山谷に寄り添い続けるカナダ人」 #TOKYO SLOW …
  8. 主役なきゴーン法廷 #TOKYO SLOW NEWS
PAGE TOP