「おまえは見捨てられたんだ」職員の暴言、自殺者…… 入管施設の“異変”

  1. オリジナル記事

「おまえは見捨てられたんだ」職員の暴言、自殺者…… 入管施設の“異変”(2018・9・6 Yahoo!ニュース特集)

 「すごい地震で、暗くて、怖くて」と、ナイジェリア出身のアヒンバレ・ケリーさん(31)がガラス越しに言った。面会室は狭い。ガラスは厚く、向こう側が少し歪んで見える。ケリーさんは、長崎県大村市の大村入国管理センターに収容されていた2016年4月の未明、熊本地震の大きな揺れに遭遇した。ところが、照明はなかなかつかず、地震の情報もない。鹿児島に住む息子への電話も許されない。何より、当直職員の言葉に耳を疑ったという。「電話は必要ない。おまえは家族に見捨てられたんだ。国へ帰れ」——。全国の入国管理の現場から、収容をめぐる“異変”が相次いで伝えられている。収容期間が長引き、人数も急増。暴言・暴力を訴える声が途切れず、自殺者も出ている。いったい何が起きているのか。

◆熊本地震の夜 収容施設でパニックに

 大村入管で起きたある刑事事件の被告人として、ケリーさんはこの7月、長崎刑務所(長崎県諫早市)の拘置区にいた。取材はその面会室で続いた。
17歳で来日し、日本人女性と結婚した。2015年に離婚。その女性から身元保証を受けられなかったことで、福岡入国管理局に収容され、その後、大村入管に移された。中学生の息子とは電話で連絡を取り続けており、2016年4月の熊本地震の際は、とにかく息子の安否を確かめたかったという。

 大村入国管理センター。入管施設では、不法入国などを理由に強制送還の手続きを受けたり、難民認定を申請したりしている外国人を一時的に収容する(撮影:笹島康仁)
ケリーさんは、当直の男性職員に「家族に見捨てられたんだ」と言われた後、こう問い返した。
「どうしてそんなこと言うの? あなたにも家族がいるでしょう」
すると、職員は「おまえの息子と、おれの息子とではレベルが違う」と言ったという。職員は笑っており、ケリーさんは見下されていると感じた。「アフリカ人はアフリカに帰れ」。そんな言葉も聞こえた。素足を靴で踏みつけられもした、とも訴える。

◆「殺されるかと思った」

 熊本地震の夜、出来事はまだ続いた。
ケリーさんによると、職員への怒りと地震への恐怖でパニックになり、電気ポットを投げて、壊した。トイレに入り、こもっていると、複数の職員に裸のまま引きずり出された。首元を押さえられ、「力を抜け」と何度も怒鳴られたという。
「息ができなくて、殺されるかと思った」と、ケリーさんは振り返る。収容はその後も2年近く続いた。長引く収容へのストレス、不安から洗剤やピンを飲むといった自傷行為に走ったこともあったという。
同センターはしばらくしてから、ケリーさんが電気ポットを壊したり、職員に頭突きしたりしたとして、被害届を出した。その後、今年1月末になって、彼は器物損壊などの容疑で大村警察署に逮捕され、刑事裁判の被告人になった。
ケリーさんが訴える職員の発言などについて同センターに確認したところ「お尋ねのような事実は承知していません」との回答を寄せた。

*****************

 この記事は、「『おまえは見捨てられたんだ』職員の暴言、自殺者…… 入管施設の“異変”」の冒頭です。フロントラインプレスの発足に向けて何人かが会合を繰り返していたころ、メンバーの末澤寧史さんらが長崎県大村市に飛び、外国人を収容する法務省の施設「大村入国管理センター」の実態を取材。法務省など関係先への取材も加え、記事は2018年9月6日、Yahoo!ニュースオリジナル特集で公開されました。
全文をお読みになる場合は、リンクをクリックしてください。なお、Yahoo!へのログインが必要な場合があります。
「おまえは見捨てられたんだ」職員の暴言、自殺者…… 入管施設の“異変”

末澤寧史
 

ライター、編集者、出版プロデューサー。

1981年、北海道札幌市生まれ。兵庫県西宮市在住。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。 書籍、雑誌、Webニュースなどで異文化理解につながるテーマを多く取材している。

【共著】

関連記事