「私は何と戦っていたのか」アスリートたちの記憶

  1. オリジナル記事

「私は何と戦っていたのか」アスリートたちの記憶 (2021.7.23 SlowNews)

 まさかの予選敗退。ファイナルでの突然の痙攣。そしてメダルを獲っても「祭り」が終わったら消費されてしまう自分という存在。アスリートは何と戦い、その戦いはいつまで続くのか。その先には何が待っているのだろうか。為末大、高平慎士、石塚晴子、菅野優太、長谷川清勝。5人のアスリートたちの栄光の記録に隠れた、苦悩の記憶。誰も知らない内なる戦い。

*****************

 この記事は東京オリンピックが始まって間もなくの時期に、サブスクの「スローニュース」に掲載されました。取材は、フォトグラファーの関健作さん。フロントラインプレスとのコラボ作品です。
記事に登場するアスリートは陸上の5人。それぞれの栄光の影で、いったい、何と戦っていたのか。斬新な写真と共に表現されています。

・真夏の敗北で知った「もう1人の自分」 為末大の場合
・「屈託なき競技者」時代の幸福 高平慎士の場合
・「指導者とわたし」石塚晴子の場合
・“魔物”はいつもファイナルにいた 菅野優太の場合
・“気分屋の友人”アキレス腱の痛みと 長谷川清勝の場合

 記事はスローニュースのサイトでお読みください。下記リンクからアクセスできます。会員登録が必要です。
https://slownews.com/stories/L4X8DPEU-bQ

And More
  FRONTLINE PRESSにはこの他、多くの取材記者や研究者らが加わっています。...
 

関連記事