「ドヤ街」で労働者を支援する理由【上】 寿日雇労働者組合 近藤昇さん(73)

  1. オリジナル記事

「ドヤ街」で労働者を支援する理由【上】 シリーズ・令和にいきる No.1(本サイトのオリジナル)

 「寄せ場」とは、日雇い労働者の就労をあっせんする場所のこと。かつて横浜・寿町は、東京・山谷地区や大阪・釜ヶ崎と並ぶ三大寄せ場に数えられ、労働者の活気があふれていた。その寿町を拠点に日雇い労働者や路上生活者の労働相談、生活相談などに携わって今年で35年。地域の人たちと始めた炊き出し活動も28年目に入った。コロナ禍という逆風の中、「路上で死んでいく人を出したくない」との思いで令和の3年目を生きている。

横浜・寿町(撮影:本間誠也)

◆コロナ禍のドヤ街 横浜・寿町は―

 感染者数がピークの8月、寿町のコロナ感染者について横浜市の中区役所に確認したんです。そしたら簡宿(簡易宿泊所)から(感染者は)出てるけど、1週間で片手(5人)に行かない程度と言ってました。クラスターの発生はない、と。こうした(簡宿が)密集した場所ですから、われわれも心配していたんですが、簡宿を起点に(コロナが)バァーと一気に広がるということはないですね。飲み屋さんの中には(客が)密集してもやってるところがあるようですけど、区役所から「どうにかしてくれ』と言われたことはないです。マスクや手洗いなどの呼びかけが功を奏しているのか、偶然そうなっているのかは分かりませんが。

近藤昇さん(撮影:本間誠也)

 

 横浜スタジアムや中華街にも近い寿町は、約300メートル四方の中に120軒以上の簡易宿泊所がひしめく。部屋数は8000室以上。減少傾向とはいえ、住人は6000人弱を数える。平均年齢は60歳以上で、8割以上が生活保護受給者だ。近藤さんによると、寿町や関内周辺の路上生活者は50人近くに上る。

 路上生活の人たちみんなに、今年に入って「コロナワクチンの接種をしないか」って持ち掛けたんですね。最初は6割以上の人が「打ちたい」と言ってたんですが、副反応報道の影響からか、「やはり怖いから打ちたくない」と。でも粘り強く呼びかけてですね、横浜市と協力して8月には3日間連続で、9月10日にも相談会をやったんです。基本的に住民票のない人は取り残されてしまうので、市と協議して、住民票のない人にも接種する方法を考えよう、と。

 去年の給付金は住民票による本人確認が厳しく求められたし、今回の接種にしても住民登録している人に接種券が郵送されるから、路上の人には(行政サービスの)手が及ばない。一番困っている人たちに届かないのはダメなんじゃないの、と。ただ、市も言ってるように、給付金とは違ってワクチン接種は住民登録による本人確認は絶対に必要じゃない。緊急対応ですから。だから、市のチラシに「本人確認できない人でもOKです」の文字を目立つように作り直してもらったりもしました。寿の生活保護受給者の中には、住民登録は別の場所という人も結構いるんです。その人たちに接種券は届かない。そういう人も打てるようにしないといけないし、「打てるんだよ」と呼びかけてます。

◆バブル期の活気、寿町は今のような「福祉の街」ではなかった

近藤さんは、社会的な運動とのかかわりを通し、「日雇い労働者のために動きたい」と考え、寿町で活動を始めた。今から35年前、1986年のこと。30代半ばの働き盛りで、世はバブル景気に入ったばかりだった。

 いろんな活動に取り組む中で、「最も必要とされるところになぜ労組がないのか、一番しんどい思いしてるのは日雇いだろう」と。日雇いの労働運動に取り組めたらいいなと思っていたんですね。日雇いって、すごく景気の波に翻弄されてしまう。景気の波によって一番最初に打撃を受けて、救済は一番最後ですからね。本当はそういうところにこそ労働運動はあるべきだと思ってました。日雇いには何の保証もない。昇給や退職金ももちろんない。景気が良い時は一生懸命使われるけども、悪くなればポイっと雇用すらされない。仕事がなくなれば放り出されるだけですから。

 寿町に来たころ、簡宿の多くは木造とかモルタル造とか。今と違いました。ぼろっちいのが多かった。今は求人がほとんどない寿の日雇い職安にも、当時はいっぱい仕事がありました。求人看板がずらずらずらっと並んで、バーッと全部に明かりがついて。バブル最盛期のころは、人をどうしても集めなくちゃならないからって、仕事する気がなくて(寿労働)センター前広場に寝てる人なんかを起こして、手配師が人数合わせに連れてってましたね。

イメージ写真

 そのころは文字通り、日雇い労働者の街でした。今のような福祉の街ではなくね。バブル崩壊後は本当に求人がバタッとなくなった。本当にバタッとです。だから何とか仕事にありつこうと、朝の7時ころに職安の1階のシャッターが上がり始めると、みんな、われ先にとシャッターの中に潜り込んでいくんです。白手帳(雇用保険手帳)を片手に持って……。仕事がいっぱいあるときは7つの窓口が一斉に開くんですが、急激になくなったころは、開かない窓口がいくつもあって。その窓口に並んでいた人たちはその時点でダメだったですね。

1

2
本間誠也
 

ジャーナリスト、フリー記者。

新潟県生まれ。北海道新聞記者を経て、フリー記者に。

...
 

関連記事