隠す厚労省、追う調査報道取材/「戦没者遺骨取り違え公表せず」スクープの裏側

  1. 調査報道アーカイブス

NHK報道局社会部取材班(2018年〜)

[ 調査報道アーカイブス No.68 ]

◆「千鳥ヶ淵の戦没者墓苑には日本人ではない遺骨が眠っている」

 行政が隠蔽する事実を調査報道で明らかにできたとしても、行政の姿勢を変えさせることは至難の業だ。いくつもの言い訳は持ち出すものの、根本的には非を認めず、現状変更を頑なに拒む。そんな実例が数え切れないほどある。

 こうした対応をすべて想定したうえで、行政側がぐうの音も出ないほどのスクープを連発できたら、記者冥利に尽きるであろう。2020年の新聞協会賞を受賞したNHK報道局社会部の「戦没者遺骨の取り換え問題」取材は、それを見事にやり遂げ、政府の姿勢を転換させた。

 第2次世界対戦で戦死した日本人の遺骨収集事業は1952年度に始まり、東京・千鳥ヶ淵の戦没者墓苑には約37万人の遺骨が納められている。NHKのスクープはその遺骨収集をめぐるものだった。

 端緒は「ある霞が関周辺の人」から取材班代表・木村真也氏にもたらされたという。相手は「千鳥ヶ淵の戦没者墓苑には日本人ではない遺骨が眠っている」と言い、その事実は「厚生労働省にとってタブー」「開けてはならないパンドラの箱」なのだと表現した。

千鳥ヶ淵の戦没者墓苑(千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会のHPから)

◆隠す厚労省、追う調査報道取材

 さまざまな資料に目を通した木村氏が、最初に手を付けたのは2010年に発覚したフィリピンでの遺骨収集にまつわる疑惑だった。それはどんな内容だったのか。

 フィリピンでは、厚生労働省が09年度からNPO法人に遺骨収集を委託した。ところが、委託後に遺骨の数が激増し、フィリピン人の遺骨が混在している疑いが指摘された。このとき、厚労省は「現地で収集した遺骨には怪しいものが混じっていたが、日本に戻した遺骨はすべて問題ない」という説明に終始していた。

 木村氏はその後の取材経緯を『新聞研究』(2020年11月号)で明かしている。

 厚労省の説明を覆す材料はないか。私たちはさまざまな関係者への取材を続ける中で、遺骨のDNA鑑定は、厚労省が1人の専門家だけでなく、現地の遺骨を3つに分けて、3人の専門家に委託していたことを突き止めた。

 専門家3人のうち2人は「日本人とみられる遺骨は一つもなかった」という鑑定結果をまとめたのに、厚労省が6年以上も公表を見送っていたことを把握したのである。隠す厚労省、追うNHKの調査報道。その戦いに最初に勝ったでのある。この事実は2018年8月16日、全国ニュースでスクープ報道された。「日本人の遺骨はない」という衝撃の事実が白日の下にさらされたのである。

 それでも厚労省は姿勢を変えない。「鑑定書は隠す内容ではなく、隠していたわけではない」「日本に帰還した遺骨に(フィリピン人の遺骨が)混入した事実はない」という釈明を続けた挙句、フィリピンでの遺骨収集を再開しようとしていた。

厚生労働省

 

1

2
本間誠也
 

ジャーナリスト、フリー記者。

新潟県生まれ。北海道新聞記者を経て、フリー記者に。

...
 

関連記事