兵庫県議「号泣会見」につながった地道な資料読み 「政務活動費」不正に関する報道

  1. 調査報道アーカイブス

神戸新聞(2014年)

[調査報道アーカイブス No.41]

◆西宮市選出の県議、城崎温泉や東京、博多などを日帰りで年195回訪問

 「西宮の皆さんに選出されて、やっと議員になったんです!」と泣き叫びながら、机をたたき、釈明を続ける議員ー。その場面を記憶している方は多いと思う。政務活動費の不正支出を指摘された、野々村竜太郎・元兵庫県議の釈明会見だ。その「号泣会見」の映像はインターネットを通じて、日本どころか世界に伝わった。あまり知られていないかもしれないが、この不正は地元神戸新聞の調査報道スクープによって明らかになった。

 2014年6月30日、神戸新聞夕刊に「目的示さず交通費300万支出 西宮の県議、政務活動費から」という大きな記事が載った。記事は、次のような書き出しで始まっている。

 兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡市と兵庫県佐用町、東京都、福岡市の4カ所を日帰りで計195回訪問したとして、政務活動費(政活費)から計約300万円を支出していたことが30日、県議会が公開した収支報告書で分かった。報告書には交通費の領収書添付が一切なかったほか、現地での活動を示す記載も見当たらず、“不自然”な支出に説明を求める声が強まりそうだ。

 政活費の収支報告書は30日午前9時半に公開が始まった。神戸新聞社は野々村氏への取材を試みたが、同日正午現在、連絡が取れていない。

 野々村氏の収支報告書によると「要請陳情等活動費」として計301万5160円を支出。その全額が、自宅最寄りの阪神武庫川団地前駅(西宮市)から特定の4カ所までの往復の切符代に使われていた。

 行き先は、JR城崎温泉駅(豊岡市)=106回▽JR佐用駅=62回▽JR博多駅(福岡市)=16回▽東京都内=11回。4月に11日連続で福岡と東京を、6月から7月にかけては12日間連続で豊岡と佐用を交互に訪れるなどしていた。本会議など議会登庁日などと重なる日付の訪問はなかった。

 

神戸新聞の報道後、釈明会見を行い、号泣する野々村氏(神戸新聞のHPから)

 

◆「第2の議員歳費」にメスを入れる

 社会面には「野々村県議『交通費』突出 領収書の添付ゼロ」という関連記事もある。西宮と城崎温泉を106回、同じく博多に16回……これらはいずれも1年間の話だ。報告書の通りなら、野々村氏は1年の3分の1を城崎温泉で過ごしていたことになるが、それはそれで常軌を逸した議員活動だ。もちろん、報告書が虚偽なら300万円超もの資金を不正流用したことになり、より大きな問題になる。

 政務活動費の使途は一定の枠内で議員本人の裁量に任されており、「第2の議員歳費」と呼ばれる。不正使用も時折発覚していたが、この野々村氏の問題が発覚するまでは、報道されても一地域の話で終わったり、一過性の出来事として忘れ去られたりすることが多かった。要するに、地味な話だったのである。それを一変させたのが、神戸新聞の報道だった。釈明会見は前述の通り「号泣会見」となり、一躍全国区のニュースになる。これ以降、「政務活動費」の存在や問題点は広く社会で知られるようになったと言ってよい。

1

2
高田昌幸
 

ジャーナリスト、東京都市大学メディア情報学部教授(調査報道論)。

1960年生まれ。北海道新聞、高知新聞で記者を通算30年。北海道新聞時代の2004年、北海道警察の裏金問題取材で取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、日本ジャーナリスト会議大賞などを受賞。

【主...
 

関連記事