殴る蹴る、体毛を燃やす…凄惨な暴力・いじめ/防衛大学校の“伝統”はなぜ連鎖したのか?

  1. 調査報道アーカイブス

日本テレビ(2019年)

[ 調査報道アーカイブス No.70 ]

◆「殴られ、蹴られは当たり前。ゴミみたいな生活」

 幹部自衛官を養成する防衛大学校(神奈川県横須賀市)で、上級生らが激しい暴行やいじめを繰り返していたー。その事実を余すことなく示したドキュメンタリー番組が日本テレビ制作の『防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ』である。番組は2019年4月、日本テレビ放送網の「NNNドキュメント’19」で放映された。主人公は福岡県出身のNさんだ。彼は「人を助ける仕事がしたい」と防大に進んだが、激しい暴力やいじめを受け、2年生の途中で退学。その後、自分に暴力を振るうなどした上級生ら8人、および、防大を設置した国の責任を問い、裁判を起こした。

 番組はその裁判を軸にしながら、防衛大学校OBらへの取材も織り込み、暴力を温存してきた自衛隊の深部に迫っていく。それにしても、Nさんの受けた暴力といじめはすさまじい。言葉に尽くせぬほど凄惨だ。殴る蹴る、「死ね」「ゴミ」などの暴言、虫けら扱い……。そんなものは当たり前だった。番組の中で、防大OBは口々に言う。

「殴られ、蹴られは当たり前です。ゴミみたいな生活を強いられる」
「怒号がすごい。ガンガン言われて。異常な環境だと思います」

番組の1シーン(NNNドキュメントの公式Twitterから)

◆Nさんを襲った理不尽の数々

 防衛大には約2千人の学生が在籍。卒業後は幹部として陸海空合わせて22万人余りの自衛隊組織を率いる。Nさんも4年間、寮で共同生活を送り、卒業後は幹部自衛官になるはずだった。それなのに、なぜ、中途退学してしまったのか。番組はNさんへの暴行やいじめの事実を余すことなく示していく。

 (ナレーション) 入校直後、Nさんたち1年生は、同じ部屋の4年生Aからこんな命令を受けたという。
 「全裸になって写真を撮れ」
 「裸で腕立て伏せをしろ」
 「知らない人と写真を100枚取ってこい」
 4年生には逆らえず、従うしかなかったという。
 さらに「粗相ポイント」という習わしが存在した。声が小さい、ホコリが落ちていたなど「粗相」とされる下級生のミスにポイントが加算されていく。ある程度貯まると、カップ麺を固いまま何個も食べる、ラー油をイッキ飲みするなど様々な司令が下されたという。その中でもAがよく出していた司令はー。
 (Nさん)「20ポイントを超えたら風俗店に行くように言われました。風俗店で『性行為を撮影してこい』という司令を受けました」

 他の1年生は従ったが、Nさんは司令を拒んだ。すると、Nさんは上級生に陰毛を燃やされる。アルコールをかけられ、火をつけられたのだ。燃え残った部分はカミソリで剃らされ、血が出たという。それによって3〜4ポイント減らされた。

番組の1シーン(NNNドキュメントの公式Twitterから)

◆掃除機で陰部を吸引、LINEの嫌がらせスタンプは10分間に724個

 理不尽はそれだけではない。ささいなことで平手打ちされ、みぞおちを殴られ、蹴られる。ボクシング部の主将には、棒立ちの状態で殴られた。陰部を掃除機で吸引されたこともある。寮の部屋で私物をぐちゃぐちゃにされる「飛ばし」も受けた。暴力に耐えかねて学生相談室のカウンセラーを訪ねると、「湿布を塗ってがまんしとけ」で済まされてしまった。

 休学して実家に戻ると、同期のLINE上でいやがらせのメッセージが届く。わら人形や嘔吐する図柄のスタンプが約10分間に724個。病院で「重度ストレス反応」と診断されたのも当然だった。抑うつ、対人不安、聴覚過敏、フラッシュバック、希死念慮……。自死を思いとどまったのが、不思議なほどだった。

1

2
高田昌幸
 

ジャーナリスト、東京都市大学メディア情報学部教授(調査報道論)。

1960年生まれ。北海道新聞、高知新聞で記者を通算30年。北海道新聞時代の2004年、北海道警察の裏金問題取材で取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、日本ジャーナリスト会議大賞などを受賞。

【主...
 

関連記事