「テロとの戦い」とは何だったか/アブグレイブ刑務所事件の真相に迫り「アメリカの正義」を問う

  1. 調査報道アーカイブズ

NHKスペシャル(2008年)

[ 調査報道アーカイブス No.66 ]

◆「米国は戦争を始めるに違いない。世界は大変なことになる」

 まもなく暮れようとしている2021年は「9・11」から、ちょうど20年の節目だった。ニューヨークのツインタワーに旅客機が激突し、20年前のこの日を境に米国は「テロとの戦い」を理由として、アフガニスタンやイラクとの戦争に乗りだす。「対テロ」の言葉が使われ始めたのも、このときからだ。

 TBSの「報道特集」の制作に携わっていたテレビジャーナリストの吉岡攻氏は2001年9月11日の夜、取材先の千葉県から戻り、テレビを見ていた。「言いようのない衝撃を受けました。本当に大変なことが起きる、世界が変わるだろう、と。米国が戦争を始めるに違いないと思ったからです」。後年、当時のことを尋ねた筆者(高田)に対し、吉岡氏はそう語った。

 吉岡氏はツインタワーが崩落した3日後には日本を発ち、パキスタンとアフガニスタンの取材に向かう。この年だけで4回、計77日間。それから何年も「対テロ戦争とは何か」に関心を持ち続けた。仕事の舞台を「報道特集」から「NHK BS世界のドキュメンタリー」「NHKスペシャル」などへと変えながら、9・11後の世界にこだわっていく。NHKスペシャル「微笑と虐待 〜 証言・アブグレイブ刑務所事件」(2008年11月)はその1つで、その吉岡氏がディレクターを務めた秀作である。

◆イラク人捕虜に虐待、拷問 露見後は「腐った7つのリンゴのせい」

 アブグレイブ刑務所は、イラクの首都バグダット郊外にある刑務所だ。米軍の侵攻後はイラク人捕虜の収容所として使用し、捕虜に対する性的虐待や拷問が継続的に行われていた。虐待は2003年10月から3カ月ほど続き、翌年春、その様子が暴露された。裸の捕虜に人間ピラミッドをさせたり、全裸にした男性を指差して微笑んだり。そんな写真とともに内部告発が行われたのである。事件に関わった兵士7人が軍法会議にかかり、全員有罪。7人はラムズフェルド国防長官から「腐った7つのリンゴ」と言われ、降格の上、軍から放逐された。末端兵士による個人的な犯行として片付けられたのだ。しかし、本当にそうだったのか。また、なぜ兵士たちは満面の笑みを浮かべて虐待・拷問に加わったのか。

 『微笑と虐待』は、当事者の生々しいインタビューを軸に事件の真相に迫っていく。「虐待の女王」と言われたのは、リンディー・イングランド元上等兵だった。くわえタバコで微笑みながら、裸のイラク人男性捕虜を指差す。その写真は世界中に出回り、残虐さの象徴として喧伝された。番組では、この元上等兵、虐待写真を内部告発した元憲兵、そして刑務所の最高責任者だったカーピンスキー元准将(女性)からも生々しい証言を得ることに成功。事件は単なる「捕虜虐待」ではなく、いかにして効率的に捕虜の口を割らせるかという軍の計画的作戦だったことを浮き彫りにした。イングランド元上等兵は「虐待の女王」などではなく、軍の命令に従っただけの、単なる一兵卒にすぎなかったのだ。

アブグレイブ刑務所で虐待されるイラク人。この他にも凄惨な写真が多数明らかにされた=U.S. Army / Criminal Investigation Command (CID)

1

2
高田昌幸
 

ジャーナリスト、東京都市大学メディア情報学部教授(調査報道論)。

1960年生まれ。北海道新聞、高知新聞で記者を通算30年。北海道新聞時代の2004年、北海道警察の裏金問題取材で取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、日本ジャーナリスト会議大賞などを受賞。

【主...
 
 
   
 

関連記事