警察はなぜ動かなかったのか 徹底取材で迫る「太宰府主婦暴行死事件」報道

  1. 調査報道アーカイブス

TNCテレビ西日本(2020年〜)

[ 調査報道アーカイブス No.40 ]

◆「届かなかったSOS 動かなかった警察」を追う

 「太宰府主婦暴行死事件」は、凄惨で痛ましい事件だった。

 2019年10月20日、福岡県太宰府市のネットカフェ駐車場の乗用車内で、市内に住む主婦・高畑瑠美さん(当時36歳)の遺体が見つかった。あざや刺し傷など暴行されたとみられる痕が全身にあった。逮捕・起訴されたのは、高畑さんの知人女性とその交際相手2人。3人は、1カ月近く監禁し、虐待行為を繰り返した末に死亡させた。高畑さん自身は、肉親らの借金問題など複雑な関係の末、被告女性らにマインド・コントロールされ、家を出ていく。その末の事件だった。

 その事件の経過を丹念に追ったのが、福岡県のTNCテレビ西日本である。ただし、報道の主眼は、この異様な事件そのものに置かれていたわけではない。借金返済の肩代わりを求められ、被告らに日々追い詰められていく高畑さんとその夫たち。その苦しみにもスポットを当てつつ、事件前に相談した佐賀県警が全く相手にしなかったことに重点を置いているのだ。

 被害を訴えても何も動かない警察ー。この図式は各地で度々問題となってきた。著名なケースは、女子大学生が殺害された「桶川ストーカー事件」だ。被害者側は事前に何度も埼玉県警上尾署にストーカー被害を申告し、「殺されるかもしれない」と訴えていたのに、無視して取り合わず、挙げ句、女子大学生が殺害されてしまった事件である。それと同様のケースが佐賀県でも起きていたのだ。

 TNCテレビ西日本は「すくえた命」と題する特集をニュース枠で、2020年9月28日から5日連続で放送した。その4回目は「届かなかったSOS 動かなかった警察」である。家族らが佐賀県警鳥栖署に相談に行った際のことが描かれる。

▼瑠美さんの母親
「やはり警察が、もっと早く手を打ってくれたら、ここまではならなかった。それはずっとあります」
▼夫・裕さん
「あのとき動いてくれていたら、こんなこと何ひとつ起こらなかったんだろうな」

 家族が高畑瑠美さんの異変を確信したのは、事件が起きる4カ月前だった。

▼瑠美さんの母親
「瑠美が交通事故を起こして、瑠美に示談金というか、そんな感じで渡しているんですけど、相手からもらった示談書の住所とか名前を調べたら全然偽物だった」

 瑠美さんが事故を偽装し、家族から400万円近い金をだまし取っていたことがわかったのだ。これに加え、勤務先からの電話が危機感をさらにあおった。

 ▼瑠美さんの母親
「瑠美が2カ月くらい無断欠勤とか、目がうつろだったりしておかしいから、何かやっているんじゃないかとか、迷惑電話が山本からかかってくると」

 真面目で家族思いだった瑠美さんに起きた変化。家族は鳥栖警察署を訪ね、瑠美さんに多額の金を無心されていることや背後に山本被告がいることを相談した。

 ところが警察は動かなかった。家を出て行ったのは高畑さん本人の意思だろうと調べもせずに言う。その後も家族は、被告から金を要求されたり、脅されたりが続く。今度はその電話を録音して被害届を出しに行った。

 それでも、警察は相手にしない。

▼夫・裕さん
「録音時間が3時間ということで長い。恐喝にあたる文言が、どこの何分に、どういう風に言葉を発したか、わかりやすいようにして警察署に持ってきてくれと言われました」

 音声データをすべて聞くことなく、被害届の提出を断ったばかりか、職務放棄とも取れるこんなやりとりもあったと遺族は主張している。

▼警察「このデータを文字に起こして、どれが恐喝で、どれが脅迫で、どれが強要に当たるのか、印を付けてきて下さい」
▼遺族「そんなの素人に分かるわけがないじゃないですか」
▼警察「いまはネットで調べられますから」

▼夫・裕さん
「警察署を出て行くときは放心状態に近かった。怖くて助けて欲しくて警察に行っているのに、警察が動いてくれなかったらどうしたらいいんだろうって」

 

TNCテレビ西日本のHPから

 

 高畑さんが遺体で見つかったのは、それから間もなくのことだ。それまでの4カ月間、家族は実に11回も警察を訪れ、相談している。

 ▼瑠美さんの母親
「もう今まで見てきた瑠美じゃない姿をしていました。1番に頼るのは警察。警察を信頼しているから頼みに行くんですよね。人の命を預かる職業だからもっと真剣に私たちの言うことを聞いて欲しかった」

1

2
高田昌幸
 

ジャーナリスト、東京都市大学メディア情報学部教授(調査報道論)。

1960年生まれ。北海道新聞、高知新聞で記者を通算30年。北海道新聞時代の2004年、北海道警察の裏金問題取材で取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、日本ジャーナリスト会議大賞などを受賞。

【主...
 

関連記事