ジャーナリストや元ソ連大統領のゴルバチョフ氏らは何を語ったか 2021年ノーベル平和賞

  1. おすすめニュース

◆「記者以外の仕事は考えられない」

 2021年のノーベル平和賞は、ジャーナリスト2氏に授与された。ロシアの独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」編集長のドミトリー・ムラトフ氏と、フィリピンのネットメディア「ラップラー」代表のマリア・レッサ氏だ。両国では、政権が報道機関に強圧的な姿勢を取り続けている。とくに大国・ロシアの状況は厳しい。国際非営利団体「ジャーナリスト保護委員会」によると、同国では最近30年で80人以上の記者が殺されたという。

 そのロシアで、権力機構の闇に迫り国を追われた女性記者(33)がいる。彼女にインタビューした記事『報道は命を落とすほど大切な仕事ですか?』が、2021年12月6日の東京新聞に掲載された。この中で女性記者は「記者以外の仕事は考えられない」と言い、次のように語っている。強権的なプーチン政権と向き合うジャーナリストの言葉だ。

社会の不正義から目をそらしたくない。政府寄りの情報ばかり流す国営メディアが幅を利かせる今こそ、私たちの調査報道に価値がある。

◆平和賞の授賞式で

 ノーベル平和賞の授賞式が行われたのは12月11日、ノルウェーの首都オスロでのことだ。NHKニュースの『受賞ジャーナリスト“真実を伝えつるける”』によると、受賞者の1人で、強権的なドゥテルテ政権と対峙しているフィリピンのマリア・レッサ氏は次のように語った。

事実なしには真理に迫れないし、真理なしには信頼は得られない。信頼がなければ民主主義もなく、気候変動や新型コロナにも対応できない。

 NHKの同じニュースによると、ロシアの「ノーバヤ・ガゼータ」編集長、ドミトリー・ムラトフ氏は「われわれの使命は明白だ。事実とウソを区別することだ」と指摘した。

 一方、ノーベル平和賞選考委員会の委員長は次のように語ったという。

 ジャーナリズムは、新しい新聞を作ったり、ニュースを伝えたりするだけではなく、民主主義社会にとっての基本的な機能だ。人々が情報を得てみずからの考えを自由に表現できて初めて、真に社会に参加しているといえ、政治家も事実に基づいて政策を決定できる。

ノーベル平和賞の公式HPから

◆ゴルバチョフ氏「情報公開は政治改革への国民参加の最重要手段」

 今年のノーベル平和賞に関しては、旧ソビエト連邦の元大統領・ゴルバチョフ氏も言及している。ゴルバチョフ氏は社会主義国家だった旧ソ連に自由と民主主義を持ち込み、同国を崩壊に導いた。今年はソ連崩壊30年。それにちなんだ報道各社の書面インタビューに答える中で、ゴルバチョフ氏はこう語っている。TBSのニュースから紹介しよう。

 ノーベル委員会は今回の決定で、現代の世界におけるメディアの重要性を強調しました。ドミトリー・ムラトフ氏とは長い間、それこそ、30年以上の付き合いがあります。我々は友人でもあります。彼は、正直で、勇気と責任感があり、あらゆることに関心を持っています。彼は真実と正義の信奉者です。そして、彼は本物のファイターでもあります。ノーベル委員会は今回、ジャーナリズムを専門にする人たちが、どのような気質を持っているべきかを示しました。

 ゴルバチョフ氏はさらに、ペレストロイカ(政治体制改革)とグラスノスチ(情報公開)の価値についても答えた。いずれも深い意味を伴った言葉だ。

 ペレストロイカは国民に向けられたものでした。その目的は、国民を解放し、自らの運命と自らの国の「主役」に据えることでした。ですから、ペレストロイカは大規模な人道的プロジェクトでした。何世紀にもわたって、国民が専制国家、全体主義国家に従属していた中で、それは過去との決別であり、未来への突破口でした。これは現代にもつながるペレストロイカの真理です。

 グラスノスチは、改革そのものだけでなく、国民をそこに参加させるためにも、最も重要な手段でした。この言葉がペレストロイカとともに、ほとんど毎回、言及されているのは偶然ではありません。あなたも質問で言及しています。グラスノスチは古いロシアの言葉です。社会の開放、言論の自由、そして、国民に対する当局の説明責任など多くの意味を持っています。他の言語に翻訳することが不可能だというのも不思議ではありません。私は、グラスノスチこそ、自分の最大の協力者だとみなしていました。いまも同じ意見ですが、グラスノスチを批判する人たちがいつの時代も一定以上います。私は、国の状態と周りの世界について、国民に真実を伝えることが、私の役目だと思っていました。グラスノスチは、当局への批判を含め、自分の考えを自由に言えるようになった人たちからの声でもありました。つまり、国民が真実を知る権利です。

「報道は命を賭すほど大切な仕事ですか?」(東京新聞 2021年12月6日)
ノーベル平和賞授賞式 受賞ジャーナリスト“真実伝え続ける”(NHK News Web 2021年12月11日)
ゴルバチョフ元大統領インタビュー【全文掲載】(TBS News 2021年12月23日)

関連記事