「記者逮捕」で懲戒処分なし 北海道新聞社が決定 

 旭川医科大学で昨年6月、北海道新聞社旭川支社の新人記者が逮捕された事件で、同社は12日までに社内処分を決めた。逮捕された記者は編集局長による「口頭指導」、取材を指揮したキャップと担当デスクは編集局長からの「厳重注意」となった。これらは社内規定に基づく懲戒処分ではなく、現場で懲戒処分された者は1人もいない結果となった。…

FRONTLINE PRESSは、調査報道ポータルサイトです。

もっと知る